ミニピーシードットジェイピー(minipc.jp)は10月20日、インテルのデュアルコアCPU「Core2 Duo」に対応した小型静音PC「F870」「VT870」シリーズと、ファンレス設計の低価格な小型静音PC「ET610」シリーズを発売した。価格はすべてオープン。

 同社の小型静音PCは、低消費電力、省スペース、低騒音が特徴のデスクトップPC。今回、インテルの最新デュアルCPUに対応したモデル追加し、従来の特徴を保ちつつ処理性能を高めた。

 「LF870」と「VT870」は、CPUにCore 2 Duo、Core Duo、Core Solo全モデルとCeleron M410/420/430/440/450を搭載可能。「LF870」「VT870」とも、標準で「Core2 Duo T7200」を搭載し、BTOで、Core 2 Duo T7600/T7400/T5600/T5400に変更できる。また、CPUなしのベアボーンモデルも販売する。

 「LF870」は、オプションで内蔵mini-PCIスロットに無線LANやスリムドライブベイなどが増設できる拡張性が高いモデル。本体サイズは幅210×奥行き220×高さ115mmで、やや大きい。「VT870」は、幅190×奥行き200×高さ70mmの超小型モデルで、内蔵、外付けともSATAハードディスクに対応する。

 ダイレクト価格は、Core2 Duo T7200、512MBメモリ、3.5インチの250GB HDDを搭載した「LF872-M5T250」が13万6500円、Core2 Duo T7200、512MBメモリ、40GB HDDを搭載した「VT872-M5T250」が12万8100円など。

 一方、「ET610」は、CPUに消費電力7WのEster CoreのEden 1GHzを搭載。完全ファンレスを実現した。本体サイズは幅204×奥行き198×高さ71mm。価格は256MBメモリ、40GB HDDを搭載した「ET610E-M0」が6万9300円、メモリ、HDDなしの「ET610E-M0」が5万6700円。なお、OSはいずれもオプション。