日本ビクターは10月19日、折りたたみ式のノイズキャンセリングヘッドホン「HP-NC80」を11月1日に発売すると発表した。価格はオープンで、実勢価格は6000円前後の見込み。

 ノイズキャンセリング回路が出す逆位相の音によって、周囲の騒音を約4分の1に低減する「ノイズキャンセリング機能」を備えた密閉型ヘッドホン。電源スイッチを切れば、通常のヘッドホンとしても使用できる。

 騒音の種類に合わせて雑音の低減効果を選べる「デュアルノイズキャンセリングモード」を採用したのが特徴で、飛行機内では「ワイドモード」、地下鉄など低域の騒音を低減したい時は「ローモード」と、利用場面に合わせて本体のスイッチでモードを切り替えることができる。

 本体は携帯・収納に便利な折りたたみ式。横回転スイーベル機構や反転ハウジングの採用で、片耳だけにヘッドホンを当ててサウンドを聞くこともできる。

 電源は単4形乾電池1本を使用。電池持続時間はアルカリ乾電池使用時で約50時間、マンガン乾電池使用時で約25時間。携帯オーディオプレーヤーなどとの接続用に0.7mの延長コードも付属する。