ソーテック(山田健介社長)は10月18日、12.1型液晶ディスプレイを搭載したB5サイズのシンクライアント対応モバイルノートPC「e-three TS203」を11月上旬に発売すると発表した。法人を対象に販売、10月下旬から予約を受け付ける。直販価格は18万9000円から。

 企業内が導入済みのVPN(仮想私設網)サーバーに対応。関電システムソリューションズのASP型VPNサービス「Secure Mobile」でも利用可能で、PCと組み合わせることでVPNを使ったシンクライアント環境を導入できる。VPNサーバーを経由して、オフィスにある自席PCへアクセスするため、自席PCとのデータの同期を気にすることなく、自席PCに保存してあるすべてのデータやアプリケーションを利用することができる。

 CPUはインテルの「Pentium M 735(1.7GHz)」、メモリは256MB。HDDと光学ドライブは未搭載で、256MBのフラッシュメモリを内蔵する。また、IEEE802.11b/g規格の無線LAN機能を装備する。電源はリチウムイオンバッテリーで約4.5時間駆動が可能。本体サイズは幅274×高さ33.5×奥行き231.65mm、重さは約1.47kg。