ロゴヴィスタ(尾本康雄代表取締役)は10月17日、ビジネス向け英日・日英翻訳ソフトの最新版「LogoVista PRO 2007」を11月17日に発売すると発表した。

 ラインアップは通常版の「LogoVista PRO 2007 翻訳スタンダードパック」、専門辞書が付属する「LogoVista PRO 2007 翻訳スーパーパック」の2タイトル。価格は「スタンダードパック」が8万4000円、「スーパーパック」が12万6000円。

 両ソフトともに言語学で世界的権威のハーバード大学の久野教授による理論に基づき開発された高性能翻訳エンジン「LogoVista 翻訳エンジン」の最新版を搭載。翻訳用辞書の単語数も増やし、「スタンダードパック」では567万語、「スーパーパック」では903万語を収録した。「スーパーパック」では幅広いジャンルの専門用語を網羅した「英和和英100万語専門用語対訳大辞典」も付けた。

 ビジネス用の翻訳機能では「研究社 新編英和活用大辞典」からビジネス文章で、よく使われる文例を収録した「翻訳メモリ」と「用例アーカイブ」を搭載した。翻訳環境の共有に対応しており、複数ユーザーでの翻訳作業が行える。ネットワーク上に置いたユーザー辞書や翻訳メモリなどを共有することも可能。