東芝は、B5モバイルノートPC「dynabook SS MXW」シリーズで、2色のカラーバリエーションモデルを追加・発売した。同社の直販サイト「東芝ダイレクトPC by Shop1048」のみで販売する。

 新色は「チタニウムシルバー」と「アルピナホワイト」の2色。それぞれメモリ容量が512MBモデルと1GBモデルを用意した。直販価格は512MBモデルが17万4800円、1GBモデルが18万4800円。

 「dynabook SS MXW」シリーズは「東芝ダイレクトPC by Shop1048」でのみ販売する直販サイト限定モデル。1280×800ドットの12.1型ワイド液晶パネルを採用し、CPUにインテルのデュアルコアCPU「Core Duo T2300(1.66GHz)」を搭載。100GBのHDD、2層対応のスーパーマルチドライブ、harman/kardonステレオスピーカーを装備する。OSはWindows XP Home Edition。

 セキュリティ機能ではHDD上に仮想ドライブ(パーソナルセキュアドライブ)を作り、重要なデータを暗号化して保存する「パーソナルセキュアドライブ」を搭載。暗号鍵はTPMセキュリティチップ内に保管されるので、万一HDDを取り出されて別のPCでアクセスされても、TPM内にある暗号鍵を取り出すことができない。指紋認証センサーも搭載した。