米ゲートウェイ(エド・コールマン社長兼CEO、ゲートウェイ)は10月12日、デンコードー(井上元延代表取締役)が10月後半からeMachinesブランドのパソコンの取り扱いを開始すると発表した。

 米ゲートウェイ(エド・コールマン社長兼CEO、ゲートウェイ)は10月12日、デンコードー(井上元延代表取締役)が10月後半からeMachinesブランドのパソコンの取り扱いを開始すると発表した。

 デンコードーは、関東・東北・北海道で、直営、子会社、グループ会社を合わせ計157店舗を展開する大手家電量販店。現在ゲートウェイ製品は、ギガスケーズデンキ、さくらや、上新電機、ソフマップ、九十九電機、ベスト電器、ビックカメラなど11社で販売されており、今回、デンコードーが加わることで計12社となる。

 ゲートウェイのエド・フィッシャー国際担当上級副社長は、「デンコードーのような大手家電販売店との提携を強化することにより、マーケットの拡大にはずみがつく」とコメントしている。