キヤノンは10月11日、高速出力・省スペースタイプのA4対応カラーレーザープリンタ「Satera(サテラ)LBP5300」を10月17日に、「Satera LBP5400」を11月下旬に発売すると発表した。価格は「LBP5300」が13万4400円、「LBP5400」が16万5900円。

 両モデルとも、新開発のA4サイズ対応4連タンデムエンジンを採用。コンパクトボディで、カラー、モノクロとも毎分21枚(A4タテ)の高速出力と、10.1秒のファーストプリントを実現した。

 省資源化やコスト削減が図れる「自動両面印刷機能」、100BASE-TX/10BASE-Tネットワークインターフェイスも標準で搭載。独自のカラーオンデマンド定着方式を採用し、省エネルギーとウォームアップタイム0秒の素早い立ち上がりも両立した。

 「LBP5300」は、オフィス文書のデータをPC側で一括処理するプリンティングソフト「Color CAPT(Canon Advanced Printing Technology)」を採用することで、高速印刷を可能にしたエントリーモデル。

 「LBP5400」は、出力データや使用環境にかかわらずデータを高速処理する独自のページ記述言語「LIPS V」を搭載し、業務用途に応じて複数のページ記述言語を使い分けることができるスタンダードモデル。オプションで機能拡張プラットフォーム「MEAP-Lite(ミープ・ライト)」を搭載可能で、セキュリティの強化をはじめ、機能のカスタマイズにも対応する。