マイクロソフト(MS)は10月6日、次期OS「Windows Vista」と次期Officeシリーズ「the 2007 Microsoft Office system」を体験してもらう「Early Experience Center」を全国で展開すると発表した。 第1弾として、ビジネスPCユーザーを対象にした「Windows Vista」と「the 2007 Microsoft Office system」の無料トレーニング「Windows Vista & Office無料体験キャンペーン」を10月10

 マイクロソフト(MS)は10月6日、次期OS「Windows Vista」と次期Officeシリーズ「the 2007 Microsoft Office system」を体験してもらう「Early Experience Center」を全国で展開すると発表した。

 第1弾として、ビジネスPCユーザーを対象にした「Windows Vista」と「the 2007 Microsoft Office system」の無料トレーニング「Windows Vista & Office無料体験キャンペーン」を10月10日から07年3月31日まで実施。一般ユーザー向けは来年初頭にも開始する予定。

 同社ビジネス&マーケティング担当・佐分利ユージン執行役常務は「発売前の製品を体験できるキャンペーンを実施するのは初めての試み。また、ここまでの規模でキャンペーンを行うのは日本が初めてだと思う」として、「約2万人のユーザーに無料トレーニングを受けてもらいたい」と語った。さらに、この無料トレーニングを含め、合計で約10万人のユーザーを対象にした無償体験会も開催していく構え。


 「Windows Vista日本語版RC1(出荷候補版)」と「2007 Office system日本語版ベータ2」をインストールしたPCを使い、基本的な使い方など学ぶ内容で、「Windows Vista」が約1時間、「2007 Office system」の「Word、Excel、PowerPoint、Access、Outlook」で約2時間の計約3時間のカリキュラムで構成。なお、トレーニング用のPCにはインテルの「Core 2 Duo」を搭載したPCを使用する予定。


 会場として同社の製品や技術のトレーニングサービスを提供する教育機関、MOTS(Microsoft Official Training School)を使用。全国で約500拠点あるMOTSのうち、「Early Experience Center」の認定を受けた109(10月現在)の拠点で開催する。またトレーニングは、MOTSに所属し同社の3つのトレーナー資格を持った「Microsoft Official Trainer(MOT)」が担当する。このほか、MOT7人で構成するユニット「MOTおしえ隊」を結成、キャンペーンの告知などを行う。