東芝松下ディスプレイテクノロジー(東芝松下ディスプレイ)は10月4日、厚さが0.99mmと世界最薄の携帯電話用液晶ディスプレイを開発したと発表した。07年4月からサンプル出荷を開始する。

 東芝松下ディスプレイテクノロジー(東芝松下ディスプレイ)は10月4日、厚さが0.99mmと世界最薄の携帯電話用液晶ディスプレイを開発したと発表した。07年4月からサンプル出荷を開始する。

 低温ポリシリコンTFT液晶ディスプレイで、0.2mm以下のガラス基板と薄型LED(発光ダイオード)バックライトシステムを新たに開発し、それらを組み合わせることで、1mm以下の薄さを実現した。画面サイズは対角2.0インチ。画素数が240×320のQVGAで輝度は300cd/m2。

 同社では、高精細で明るさも高いことから動画再生やテレビ受信にも適しているとし、PDA(携帯情報端末)などでの利用も見込んでいる。