タワーレコードグループのナップスタージャパン(伏谷博之社長)は、国内初の本格的な定額制音楽配信サービス「ナップスター」を10月3日に開始した。

 総合的な音楽配信サービスとしては国内初の聞き放題の月額定額制を導入し、インターネットを通じて好きなだけ楽曲をダウンロードして聞くことができる。サイトから無料でダウンロードできるの専用アプリにコースの選択や必要な情報を入力して利用する。

 料金プランはPC上に無限に楽曲をダウンロードできる「Napster Basic(ナップスター・ベーシック)」が月額1280円。PCでダウンロードした曲をナップスター対応の携帯オーディオや携帯電話に転送できる「Napster To Go(ナップスター・トゥー・ゴー)」が月額1980円。このほか、楽曲を1曲ごと、もしくはアルバム単位で購入する「Napster a la carte(ナップスター・アラカルト)」もあり、1曲辺りの最多価格帯は洋楽で150円ほど、邦楽で200円ほど。

 決済にはクレジットカードか、専用プリペイドカード「ナップスターカード」を使う。「ナップスターカード」は、タワーレコード店舗をはじめ、ローソン、ファミリーマートなどのコンビニエンスストアや郵便局のATMでも販売する。

 価格はタワーレコード店舗限定の「Basic」3か月分の「Basic 3months」が3840円、「To Go」3か月分の「To Go 3months」が5940円。このほかローソンやファミリーマートで販売する「Basic」の1/3/6か月分のカードは1280円/3840円/7680円、「To Go」の1/3/6か月分のカードは1980円/5940円/1万1880円。

 サービスのスタート時には、「AI」(ユニバーサルミュージック)の全曲配信や、「LOVE PSYCHEDELICO」(ビクターエンタテインメント)のオリジナルアルバム全楽曲を配信。「ナップスター」の特集コンテンツと同時に、タワーレコードのフリーマガジンとの連動、Eコマースサイト「@TOWER.JP」への購入リンクなどを通し、グループ全体での作品プロモーションを実施する。

 配信される楽曲データは、Windows Media Technology(ウィンドウズメディアテクノロジー)形式に対応し、「Windows Media Digital Rights Management 10(DRM10)for Portable Devices」対応の携帯オーディオ、携帯電話端末に転送することが可能。対応機器は、アイリバー・ジャパン、クリエイティブメディア、東芝、日本ビクターがポータブルプレイヤーを、富士通が携帯電話端末を出荷しており、今後、他社からも対応機種が発売される予定。

 ナップスタージャパンは、3年間で100万人の会員達成と、「アラカルト」において、サービス開始から半年で月間100万ダウンロードを目指す。