東芝は9月29日、ソニー製バッテリーパックの自主交換プログラムを開始すると発表した。

 東芝では、「デルやアップルのノートPCで発生した過熱問題と同一の原因による事故は東芝製パソコンでは発生していない」としながらも、ユーザーに安心して利用してもらうため、ソニー製バッテリーパックのリコールを決めたもの。

 対象機種は「dynabook SS LX、L10、L11、M10、M11、M35、MX、MXW」「dynabook R10」「dynabook TX/2、TX/3、TX/4」「Qosmio G30、F30」「Satellite T10、T11、T12、T20」「TECRA M3、M4、M5、M7、S3」「PORTEGE S100、M300、M400、M500」「Satellite A50」。これ以外の機種は対象外。リコールの手続きなど詳細は未定だが、同社では決まり次第改めて告知するとしている。