日本エイサーは、64ビットのデュアルコアCPUと15.4インチ光沢ワイド型液晶を搭載したノートパソコン「Aspire(アスパイア)5100」シリーズを9月21日に発売する。

 日本エイサーは、64ビットのデュアルコアCPUと15.4インチ光沢ワイド型液晶を搭載したノートパソコン「Aspire(アスパイア)5100」シリーズを9月21日に発売する。

 CPUに、AMDのデュアルコアCPU「AMD Turion 64X2 TL-50(1.6GHz)」、グラフィックスに「ATI RADEON XPRESS 1100」を搭載。液晶ディスプレイには、最大1280×800ドットの表示が可能な「15.4インチAcer Crystal Brite Color TFT光沢液晶ディスプレイ」を採用した。画面表示サイズの比率は16対10、応答速度は16msと、DVDビデオなどの映像鑑賞に適している。

 OSはWindows XP Home Editionで、デジタルメディア総合ソフト「Acer Arcade」やDVDオーサリングソフト「CyberLink PowerProducer」などのソフトウェアが付属。このほか、IEEE802.11b/g規格準拠の無線LANや5つのメディアに対応するカードリーダーを内蔵する。

 価格はオープン。実勢価格は、DVDスーパーマルチドライブと120GBのHDDを搭載した上位モデル「AS5102WLMi」が11万円前後、光学ドライブをDVD-ROM/CD-RWコンボドライブに変更し、80GBのHDDを搭載した下位モデル「AS5102WLCi」が10万円前後の見込み。