松下電器産業は、輝度2000ルーメンとコントラスト比6000:1を実現したホームシアター用液晶プロジェクター「TH-AX100」を10月10日に発売する。価格はオープンだが、実勢価格は22万円前後の見込み。

 新開発の220WのUHMランプの搭載や新光学システムの採用により、解像度1280×720画素×3枚(R・G・B)の液晶プロジェクターでは、業界最高の輝度2000ルーメンとコントラス比6000:1を両立した。さらに、環境照度に応じ映像信号データを制御する「ライトハーモナイザ」を新たに開発し、これを搭載することで明るい環境でも鮮やかでハイコントラストな映像を楽しめるようにした。

 色純度を高め、引き締まった黒を再現する新開発の「シネマフィルター」も搭載。従来は難しかった、青空などシアン系色の表現力を向上させた。映像信号の処理は入力から出力まで10bitフルデジタル処理。また、これまで同様、ハリウッドのトップカラーリストのDavid Bernstein氏との画質チューニングと合わせ、映画制作者の意図までも考慮した「ハリウッド画質」に磨きをかけたという。

 2倍光学ズームレンズとレンズシフト機能を備え、100型投写時の投写距離は、短焦点側の約3mから長焦点側の約6mまで幅広く対応。レンズシフトはジョイスティックを使用し、投写位置を上下約78cm、左右約55cm移動できる。また、高輝度タイプながら冷却構造を効率化し、動作音はエコモード時で25デシベルと低く抑えた。

 本体サイズは、幅395×高さ112×奥行き300mm、重さは4.9kg。接続端子は、HDMI端子、パソコン入力端子、コンポーネント入力端子、ビデオ入力端子などを装備。本体カラーはパールホワイト。バックライト機能付リモコンを付属する。