日立システムアンドサービス(日立システム、中村博行社長)は、日立システムスキー部ブログを開設したと発表した。

 日立システムは、04年11月に日本の民間企業では初めて、障害者スポーツ選手によるノルディックスキーチームを設立。今回、選手のブログを開設することで、日立システムスキー部の活動を広く告知する。ブログは、障害者でも利用しやすいように、文字のサイズを簡単に拡大できる機能を設けるなど操作性にも配慮した。

 ブログは、トリノパラリンピックのバイアスロン12.5Kmブラインド部門で金メダルを獲得した小林深雪選手、バイアスロン12.5Km立位部門で銅メダルを獲得した太田渉子選手、06年4月に入社したジェットスキーの近藤さつき選手、荒井秀樹監督が、2010年のバンクーバー大会を目指しトレーニングに励んでいる風景、スキー部の強化合宿や大会のレポート、日常生活などについてを綴る。編集長は43歳にして現役で活躍する長田弘幸選手が編集長を務める。