ジャストシステム(浮川和宣社長)は、日本語ワープロソフト「一太郎2006」で「OpenDocument」のodt形式文書の読み込み・保存が可能になる「一太郎2006 OpenDocument対応モジュール」のダウンロード提供を開始した。

 OpenDocumentは、非営利国際コンソーシアムの「OASIS」が標準として認証したXMLベースのファイル形式で、汎用的な形式として世界規模での普及が見込まれている。XML言語をベースにしているため、作成した文書からのデータ抽出や、文書の特定部分にデータを追加、変更が可能なのが特徴。

 今回提供する「一太郎2006 OpenDocument対応モジュール」を利用すると、文字データや文書スタイル、ヘッダー・フッター、文字飾り・段落飾り(スタイル)、レイアウト枠、罫線の情報を、「OpenDocument」のodt形式として保存・読み込みできるほか、一太郎の文書から必要なデータを抜き出して、他のアプリケーションで再利用できるようになる。

 対象は、「一太郎2006」「一太郎2006&花子2006 スペシャルパック」「一太郎ガバメント2006」「一太郎2006[辞書活用セット]」の登録ユーザーで、「一太郎Web」からダウンロードできる。