NTTドコモは9月5日、女性をメインターゲットとした三菱電機製のFOMA端末「D702iF」を9月9日に発売すると発表した。


 「D702iF」はセレクトショップオーナー兼デザイナーの幾田桃子さんとのコラボレーション機種で、女性の指先を美しく見せる宝石のカット方法「マーキスライン」を模した形と曲線のデザインを採用した。

 カラーには化粧品の考え方を取り入れ、日本女性の肌を美しく引き立てる「ライラック・ミラージュ」「コーラル・コーラル」「グリーン・エア」「ホワイト・サンド」の4色を使用。「ライラック・ミラージュ」では携帯電話では初採用となる表・裏・側面の立体・曲面印刷技術「マルチアングルプリント」を使ったプリントを施した。

 また、サイドキーを押すと設定しておいたメロディが鳴り、着信したようにカモフラージュできる「ほっとメロディ」機能も搭載。防犯機能としても活用できる。女性の体のバイオリズムを知らせたり、季節の花を表示する待ち受け、タイマーと連動した美容と健康のための料理レシピ集など女性向けのソフトも内蔵した。

 130万画素のCMOSカメラを装備し、メインディスプレイは解像度240×320ドットの2.0インチQVGA TFT液晶、サブディスプレイには縦長の0.6インチのモノクロSTN液晶を搭載した。折りたたみ時のサイズは高さ100×幅48×熱さ24mm、重さは約97g。連続待ち受け時間は静止時で約460時間、移動時で約330時間。連続通話は約150時間。