CTO(蔡永桂社長)は9月4日、米エバレックス・システムズ製の低価格パソコンを、9月6日からヤマダ電機で販売すると発表した。

 CTO(蔡永桂社長)は9月4日、米エバレックス・システムズ製の低価格パソコンを、9月6日からヤマダ電機で販売すると発表した。

 今回、発売するのは、デスクトップPC「IMPACT GA3400J」とノートPC「StepNote NM3900J」の2機種。価格は、「IMPACT GA3400J」が17インチ液晶ディスプレイ付きで6万8800円、「StepNote NM3900J」は7万9800円。

 「IMPACT GA3400J」は、CPUにAMD製の「Athlon 64 3400+」を搭載したデスクトップPC。HDDは120GB、メモリは512MB。DVDスーパーマルチドライブや、8種類のメディアを読み書きできるメモリカードリーダ/ライターなどを搭載する。ディスプレイのほか、PS/2キーボード、スピーカーも付属。

 一方、「StepNote NM3900J」は、15.4型WXGA・光沢TFTカラー液晶ディスプレイを装備し、CPUにインテルの「Celeron M390(1.7GHz)」を搭載したノートPC。HDDは60GB、メモリは512MBで、DVDスーパーマルチドライブや、IEEE802.11 b/g規格に準拠した無線LAN機能も装備する。

 2機種とも、OSはWindows XP Homeで、初心者でも手軽に動画や静止画の編集ができる「Power2Go Express」や、マイドキュメント内のデータを削除しないでシステム・リカバリーができるリカバリー・ソフトなどが付属する。

 エバレックス・システムズは83年設立。本社はカリフォルニア州フリーモントで、パソコンやグラフィックスボードなどの製造・販売を手がける。94年には台湾のマザーボード会社、FICが資本参加し、同社のグループ会社となった。日本で発売する2機種は世界最大の米小売業、ウォルマートでも販売されている。CTOはFICの日本法人。