マックス(三井田孝嗣社長)は、カラープリンタ出力のカタログや製品取扱説明書、学級文集、旅行のしおりなどの簡易製本ができる「マックス 中綴じホッチキス HD-10DB/K」を9月1日に発売した。価格は3150円。

 「HD-10DB/K」は、スタンダートタイプのハンディホッチキス「HD-10D」をベースに開発した中綴じ専用機。普段使っている10号ホッチキス針が使えるのが特徴。コピー用紙約15枚までの中綴じに対応する。両面印刷で中綴じにすると最大60ページまでの冊子をつくることができる。用紙サイズはA3横、B4横、A4横に対応。需要の多いA3サイズまでに対応範囲を絞り、サイズのスリム化・低価格化を図った。

 中綴じは、折りぐせをつけずに見開きの状態で置けるため、一覧性が良く、作業をしながらでも読めるというメリットがある。また、両面印刷を利用するため、用紙が節約で廃棄時のゴミを削減できるほか、コピー料金の節約にもなる。本体サイズは高さ55×幅43×長さ309mm、重さ380g。使用針はNo.10-1M、No.10-2M、No.10-5Mで、100本の装てんが可能。