アルプス社(池上充宏最高執行責任者)は、次世代地図サービスの実験サイト「ALPSLAB(アルプスラボ)」で、位置情報を持ったブログ記事をブログ上で管理できる「ALPSLAB myBase(アルプスラボマイベース)」を8月29日に公開した。

 アルプス社(池上充宏最高執行責任者)は、次世代地図サービスの実験サイト「ALPSLAB(アルプスラボ)」で、位置情報を持ったブログ記事をブログ上で管理できる「ALPSLAB myBase(アルプスラボマイベース)」を8月29日に公開した。

 「ALPSLAB myBase」は、地図を使ってブログの記事を一覧するブログパーツ。ブログ記事中の位置情報を地図に紐付け、各ブログ記事へのアクセスや記事の管理を可能にする。

 「TypePad」または「TypePad」ファミリーのブログサービスの場合は、ウィジェット(ブログパーツ)として登録。その他のブログサービスの場合は、簡単なHTMLコードを貼り付けるだけで、ミニスクロール地図がブログ内に設置される。

 記事を投稿する際は、「ALPSLAB base(アルプスラボベース)」で関連する位置を探して、その場所にトラックバックを送ると、レストランの紹介や旅行の記録など位置情報に関連する記事を「ALPSLAB myBase」上にアイコンとして表示できる。また「ALPSLAB myBase」上でアイコンを探してクリックすると、その場所の記事に簡単にリンクできる。

 さらに、ブログの記事中に指定した位置の地図を貼り付けられる「ALPSLAB clip!(アルプスラボクリップ)」や「ALPSLAB slide(アルプスラボスライド)」とあわせて使うことで、位置に関する情報の発信や管理をより効果的に行うことができる。同社では、今後、ユーザーからの意見を反映し、随時、「ALPSLAB myBase」の機能改善・拡張を図っていく予定。