カナダのソフト会社、コーレルは、米ソフトメーカーのインタービデオを買収すると発表した。コーレルはインタービデオの株式を1株当たり13米ドルで取得する。買収総額は約1億9600万米ドル。

 買収は、コーレルの現金準備と債権金融、インタービデオの現金、6月30日時点で約1億500万米ドル相当の現金の合計で実施。インタービデオの株主承認、通常の取引完了条件を前提に買収を行う。買収手続きは、06年第4四半期に完了する予定で、完了後の第2四半期目に統合を計画している。

 インタービデオの買収で、コーレルは、「WinDVD」「WinDVD Creator」「Ulead Photo Impact」「Ulead VideoStudio」「Ulead DVD Movie Factory」など、写真共有や画像編集製品をはじめ、高度なデジタル画像、ビデオ編集、高解像度のDVD制作・再生ソフトまで、幅広い製品ラインアップを揃えることが可能になる。

 また、日本や中国、台湾などのアジア市場に強いインタービデオを買収することで、グローバル戦略の強化と市場拡大、重複する営業費用などのコスト削減を図ることも見込んでいる。