ファミリーマート(上田準二社長)とビットワレット(川合成幸社長)は8月29日、2007年春をめどにファミリーマート全店、6798店舗に電子マネー「Edy(エディ)」を導入すると発表した。沖縄県にある181店舗、南九州地区の266店舗ではEdyをすでに導入している。

 ファミリーマートでは全店のレジでEdyの決済やチャージ(入金)ができるようにするほか、マルチメディア端末「Famiポート」にEdy用のリーダー/ライターを設置し、カードタイプの「Edy」で「Edyギフト」の受け取りをできるようにする。

 「Edyギフト」とは、企業などがユーザーのEdyカードやEdy対応の決済機能付き携帯電話「おサイフケータイ」に直接電子マネーをプレゼントするサービス。おもに各種のキャンペーンの賞品やアンケートなどの謝礼、懸賞やポイント交換の景品としてユーザーに還元されている。「おサイフケータイ」の場合は、通信機能を使って電子マネーを受け取ることができる。