富士写真フイルムは、有効画素数903万画素のレンズ一体型・電子ビューファインダー搭載デジタルカメラ「FinePix S9100」を9月9日に発売する。価格はオープンで、実勢価格は7万5000円前後。


 有効903万画素のCCDを搭載。35ミリフィルム換算で28-300mmの撮影が可能な光学10.7倍ズームレンズを装備する。オートフォーカスの合焦時間は0.6秒で従来機よりも1.8倍高速化した。さらに、最高ISO1600の高感度で撮影が可能で手ブレ、被写体ブレを抑えるほか、望遠側でもブレを軽減する「ブレ軽減モード」も備えた。

 画像処理回路には「リアルフォトエンジン」を搭載。「ダブルノイズリダクション」方式で画像のノイズを低減する。また、処理速度の高速化で0.8秒の起動時間、1.5秒の撮影間隔を実現した。アングル自在の可動式のモニターには約23.5万画素で2.0型液晶を採用。電源は、単3形アルカリ乾電池または充電式ニッケル水素電池4本を使用する。記録メディアはxD-ピクチャーカード、マイクロドライブ、コンパクトフラッシュ。