MCJ(浅貝武司社長)は8月28日、CPUにインテルのデュアルコアCPU「Core 2 Duo」を搭載した17インチワイドの高性能ノートPC「m-BookGW」シリーズ2モデルを発表、同社直販サイトで販売を開始した。電話通販窓口と直営店でも、29日11時から受注を開始する。

 CPUに「Core 2 Duo」、エヌビディア製の高性能グラフィックス「NVIDIA GeForce Go7600」(ビデオメモリ128MB)、WSXGA+(1680x1050)対応の17インチワイド光沢液晶ディスプレイを搭載。上位モデル「m-Book GW7200MD」では、CPUに2次キャッシュ4MBの「Core 2 Duo T7200」を採用し、20万円以下の価格帯ながら、デスクトップPC並みの高い性能を実現した。

 シリーズ共通の仕様として、マルチメディアカード/SDメモリカード/メモリースティック、メモリースティックProの4メディアに対応したメモリカードスロット、ExpressCardスロット、DVD±R 2層書き込み対応8倍速DVDスーパーマルチドライブ、本体左右4か所のスピーカーと底面のウーファースピーカーによる4.1ch HDサウンド、IEEE802.11a/b/g準拠の無線LAN、IEEE1394ポート、ギガビットLAN、DVI出力端子などを装備する。

 価格は、Core 2 Duo T5500(1.66GHz)、メモリ1GB、80GB HDDを搭載し、OSにWindows XP Homeをインストールしたエントリーモデル「m-Book GW5500MD」が17万2200円、Core 2 Duo T7200(2GHz)、1GBメモリ、100GB HDD、Windows XP Homeを搭載した上位モデル「m-Book GW7200MD」が19万1100円。OSなしモデルは、それぞれ15万9600円、17万8500円。ともにBTOでCPU、メモリ、HDD、光学ドライブなどのカスタマイズが可能。