KOUZIRO(神代輝明社長)は8月28日、ハイエンドノートPC「FRN425」シリーズのマイナーチェンジを行い、インテルのデュアルコアCPU「Core 2 Duo T5500」を搭載した新モデルを発売すると発表した。同日から直販サイトと通信販売窓口で予約を開始し、出荷は9月上旬の予定。

 CPUを、高性能と省電力が特徴のノートPC向けデュアルコアCPU「Core 2 Duo」にアップグレード。このほか、解像度1280×768ドットのWXGA表示に対応する14インチ光沢ワイド液晶、SDメモリカードなど4種類のメディアを読み書きできるカードリーダー、キガビットLAN、4ピンのIEEE1394ポートなどを搭載する。本体には、Windows Media Player(変更可)や電子メール、Webブラウザなどをワンタッチで起動できるショットカットキーも装備した。

 新モデルは、Core 2 Duo T5500(1.66GHz)、メモリ512MB、80GB HDD、DVDコンポドライブなどを搭載したベースモデルをもとに、BTOによるオーナーメイドで販売する。CPU、メモリ、HDD、OS、光学ドライブの変更が可能。価格は、OSなしモデル「KZN425」が11万9700円から、OSにWindows XP Home Editionをプリインストールした標準モデル「FRN425」が12万9780円から。