コニカミノルタビジネステクノロジーズ(木谷彰男社長)は、静音性を高めた小型A4カラーレーザープリンタ「magicolor(マジカラー) 2500W」と、ネットワーク標準対応モデル「magicolor 2530 DL」を発売した。税別価格は「2500W」が7万9800円、「2530 DL」が9万9800円。

 2機種ともに従来の4サイクル・カラーレーザーエンジンを継承した毎分カラー5枚、モノクロ20枚の高速プリント機能を搭載する一方、静音化を向上させた。コンパクトでフルフロントアクセス設計を採用し、省スペース化を図った。

 小粒径で粒子が均等な重合法トナー(デジタルトナー)を使用しており、鮮明なラインや階調の滑らかな美しい画質など、ビジネス文書の作成に最適な出力を可能にした。

 「2530DL」は、Windowsに加え、Macintoshにも対応。WindowsとMacintoshが混在するオフィスでプリンタを共有することができる。また、「カメラダイレクトプリント機能」も搭載しており、「PictBridge」対応デジタルカメラから直接にプリントも行える。