NECは、8月25日、26日、27日の3日間、携帯電話の新製品「FOMA N702iS」をアピールする街頭プロモーションを全国9都市で実施。商品パンフレットと特製ネイルシールを広告ビジュアルと連動した袋に入れて、10万セット配布する。

 NECは、8月25日、26日、27日の3日間、携帯電話の新製品「FOMA N702iS」をアピールする街頭プロモーションを全国9都市で実施。商品パンフレットと特製ネイルシールを広告ビジュアルと連動した袋に入れて、10万セット配布する。


 N702iSは、「モテカワキラリ」をキャッチフレーズに、20歳代の女性をメインターゲットとしたNTTドコモのFOMA「7シリーズ」の新端末。カラーは、Mineral Waterと名付けられた白、Strawberry Milkと名付けられたピンク、Cafe Lateと名付けられたライトブラウンの3色。インテリライトのように幻想的に光る卓上ホルダ、表と裏の両方のパネルを着せ替えられる「スタイルプラス」といった特徴を持つ。

 今回のキャンペーンでは、ターゲットの年齢層の女性が歩く街を選択し、直接商品をアピールする。「商品発売と同時に、全国規模での街頭キャンペーンを行うのは初めての試み。若い女性ユーザーの皆さんは、当社のWebサイトの商品説明はあまり利用してくれない。直接商品を知ってもらうことを狙って、街頭キャンペーンを実施することとした」(NEC担当者)


 携帯電話は、メーカーブランド力の差がなくなり、人気機種を発売したメーカーが高いシェアを獲得する図式が出来上がっている。特に若い女性層は買い換えサイクルが早いことから、NECではターゲットユーザーに直接商品をアピールし、携帯電話市場でのシェア向上を狙う。

 街頭キャンペーンは、東京では原宿・明治神宮前交差点付近、渋谷・マークシティ付近の2か所で実施。そのほか、北海道・札幌の北海道銀行前、宮城県・仙台の仙台フォーラス前、愛知県・名古屋の栄駅 三越前、スカイメルサ前、大阪府・大阪市の心斎橋 御堂筋清水交差点、周防町交差点、石川県・金沢市のラブロ片町前、広島県・広島市の広島パルコ付近、香川県・松山の大街道商店街アーケード内一番町交差点付近、福岡県・福岡市の西鉄福岡駅 ソラリアステージ前で行う。