リコー(桜井正光社長)は、7.1倍ワイドズームレンズを搭載したコンパクトデジタルカメラ「Caplio(キャプリオ) R5」を9月15日に発売する。ボディカラーは、シルバー、ブラック、レッドの3色。価格はオープンで、実勢価格は4万7000円前後の見込み。

 リコー(桜井正光社長)は、7.1倍ワイドズームレンズを搭載したコンパクトデジタルカメラ「Caplio(キャプリオ) R5」を9月15日に発売する。ボディカラーは、シルバー、ブラック、レッドの3色。価格はオープンで、実勢価格は4万7000円前後の見込み。

 06年3月発売の「Caplio R4」の後継機。6mm厚で質量約140gのボディーに、35ミリ判カメラ換算で28-200mmの光学7.1倍広角・高倍率ズームレンズとのCCDシフト方式の手ブレ補正機能を搭載。さらに、有効724万画素CCDと新画像処理エンジン「スムースイメージングエンジンII」を新たに採用し、低ノイズでの高感度撮影を実現した。最高ISO1600での撮影も可能。

 このほか、画像サイズ7メガでの撮影で光学200mmを超えるズーミングをしたときに、自動的に画像サイズを変更して記録するオートリサイズズームを新たに搭載。画像補完処理をせずに、最大で34.1倍(960mm相当)の高倍率で撮影できる。

 レリーズタイムラグは、約0.09秒。撮影間隔は手ブレ補正オフ時で約0.5秒、起動時間は約1.2秒。連写スピードも毎秒2.8コマに向上させた。液晶モニターは、「Caplio R4」では2.5型・15万画素だったが、より明るい2.5型・23万画素に変更。また、好みの設定値をシーンモードに登録可能になった。記録媒体はSDメモリーカードとマルチメディアカード、内蔵メモリ。