エレコム(葉田順治社長)は、SDメモリカードの上位規格「SDHC」を含む13種類のメモリカードに対応するカードリーダライター「MR?A13HSV」を9月上旬に発売する。カラーはシルバーのみで、価格は2520円。

 4GBを超える容量を持つ「SDHCメモリーカード」をはじめ、SDメモリカード、メモリースティック、MMC(マルチメディアカード)、コンパクトフラッシュなど計13メディアを直接差し込んで使用できる。別途アダプタを使用すれば、miniSDカード、microSDカードなど9種の小型メディアも利用できる。USB2.0ハイスピードモードやSD ver1.1、メモリースティックDuo/PRO Duoのハイスピードモードにも対応しており、高速でデータを読み書きできる。

 本体は幅86×奥行き51×高さ16mmのクレジットカードサイズ。接続インターフェイスはUSB2.0/1.1で、USBバスパワーで駆動する。差し込みミスを防ぐため、本体上面に各メディアの差し込み位置をイラストで表示した。

 また、容量4GBのSDHCメモリカード「MF?FSDH04G」を9月中旬に発売する。当初、8月下旬に発売する予定だったが、部品調達に時間がかかり、延期になったという。価格はオープンで、実勢価格は2万8000円前後の見込み。

 「MF?FSDH04G」は、SDHC規格に準拠するほか、決められた条件下で最低速度を保証する新規格「SDスピードクラス」の「Class4」に対応。「Class4」以上に対応する機器との間で4MB/s以上の転送速度を保証する。SDHCメモリカード本体を収納できるハードケースも付属する。