IRIユビテック(荻野司社長)とインテル(吉田和正/ロビー・スウィヌン共同社長)、ジャパンケーブルキャスト(相坂吉郎社長)、三菱総合研究所(田中將介社長)の4社は8月24日、WiMAXの日本国内での普及を促進する民間のプロジェクト「WiMAX Japan Project(仮称)」を開始したと発表した。

 同プロジェクトは、過疎地域を含む日本全国で無線ブロードバンドサービスの早期開始を実現するための事業体制の整備や、無線ブロードバンド技術を利活用したサービスやビジネスの利用者視点での検討などを行う。その結果をもとに政府機関や国内外の標準化機関への提言を行っていく予定。10月からの活動の本格化に向け8月中に準備に着手し、予備的な調査研究を開始するとともに、共同で検討を行う他の企業・団体にも賛同を募る。

 「WiMAX」は、1つの基地局で半径数kmの面積をカバーしてブロードバンド通信を提供できる無線技術IEEE802.16規格の愛称。静止状態で使う固定WiMAX(IEEE802.16-2004)と、移動する端末への通信が可能なモバイルWiMAX(IEEE802.16e-2005)があり、各国の状況に合わせた普及が始まっている。

 日本国内でも安価で高速なモバイルサービスを実現する技術として高い期待を集め、総務省の情報通信審議会でも「広帯域移動無線アクセスシステム」の実現技術の1つとしてWiMAXが検討されている。早ければ07年にもモバイルWiMAXに2.5GHz帯が割り当てられ、無線ブロードバンドサービスが提供される可能性があるという。