東芝は8月24日、企業向けモバイルノートPC「dynabook SS S30」を9月8日に発売すると発表した。小型・軽量ながら12.1型ワイド液晶を搭載し、標準で約9時間、最長約13.5時間のバッテリ駆動が可能。70cm落下にも耐えるなど、堅牢性も確保した。価格は最小構成で24万1500円から。

 高密度実装技術と低損失基板の採用により基板の小型化を図り、幅283.8×奥行き196.6×高さ26.9-35.5mm、重さ約1.2kgのクラス最小サイズを実現した。また、標準バッテリで最長約9時間、さらにオプションの大容量バッテリを搭載することで最長約13.5時間の長時間駆動に対応する。

 外部からの衝撃を緩和する「ショックプロテクター」や水分の浸入を遅らせる「ウォーターブロック構造」などによる堅牢設計も特徴。ドイツの認定機関「TUV Rheinland Group(テュフラインランドグループ)」での耐久テストで、高さ70cmの落下試験と水100ccの防滴試験をクリアした。

 また、指紋センサーやTPMセキュリティチップを標準で搭載し、HDDを丸ごと暗号化できるソフト「SecureDoc」を添付するなど、高度なセキュリティ機能も備えた。キーボードは新開発し、コンパクトサイズながら19mmキーピッチを確保。さらに、最大4GBまで拡張可能なメモリスロット、左右計3ポートのUSBポート、SDカードスロットなどを装備している。

 CPUには、インテルのCore Solo 超低電圧版 U1300(1.06GHz)を搭載。OSはWindows XP Proで、次期OS「Windows Vista」に移行できる「Windows Vista Capable PC」となっている。

 価格は、軽量・長時間モデル「S30106S/2W」が26万4600円、5400rpmのHDDを採用した高速HDDモデル「S30106S/2W」が25万2000円。なお、カスタムメイドサービスでHDD容量や無線LANなどの仕様を選択することもできる。