ニコン(苅谷道郎社長)は8月24日、無線LANを使ってパソコンを介さずカメラから写真をインターネット上のオンラインアルバムにアップロードできる「COOLPIX CONNECT」を9月29日から開始すると発表した。利用料は無料。

 「COOLPIX CONNECT」は、同日発売予定のデジタルカメラ「COOLPIX S7c」が内蔵する無線LAN(Wi-Fi)通信機能を利用して、自宅の無線LANまたは、公衆無線LANサービス「BBモバイルポイント」を通じてインターネットに接続し、撮影した画像を「ニコンオンラインアルバム」にアップロードできるサービス。アップする写真は、カメラの液晶モニター上で選択して送信することが可能。サイズも、Lサイズ、PCサイズ、TVサイズ、オリジナルサイズから選べる。

 「ニコンオンラインアルバム」は、同社の映像関連製品サイト「ニコンイメージング」に会員登録すると利用できる、無料のオンラインアルバムサービス。写真の公開/非公開の設定やパスワードによる閲覧制限なども可能で、同社製品のカスタマー登録を同時に行ったプレミアム会員は100MBまで、通常の会員は50MBまで写真を保存できる。

 「BBモバイルポイント」は、日本テレコムが提供する公衆無線LANサービス。現在、駅や空港、ファーストフード店など全国約3500か所のアクセスポイントを持つ。なお、利用には別途プロバイダーとの契約が必要となる。

 ニコンと日本テレコムは、「COOLPIX CONNECT」のサービス開始と「COOLPIX S7c」の発売を記念し、共同でプロモーションを実施。プロバイダーとの契約なしに、2週間無料で「COOLPIX CONNECT」を体験できる「COOLPIX CONNECT 2週間無料キャンペーン」のほか、ニコンイメージング会員への特典として「Yahoo! BB特別優待キャンペーン」を行う。また、ニコンイメージングのサイトに特設コンテンツ「FEEL CONNECT」を開設し、利用方法などを紹介する。