バッファローは、PCからデジタル家電や生活家電などをリモコン操作できる学習リモコンキット「Remote Station(リモートステーション)PC-OP-RS1」を9月上旬に発売する。価格は5565円。

 USB接続対応の赤外線送受信ユニットで、赤外線ユニット部で家電製品のリモコンと同様の信号を送受信し、接続したPCを「学習リモコン」として使うことができる。リモコン信号の発信部は4つ付属し、部屋中のあらゆる方向をカバーする。

 最大8台のリモコン登録が可能で、うち4台の同時利用が可能。登録できるボタンは電源やチャンネルボタン、矢印ボタンなど22個と、任意の操作ボタンを登録できる「ファンクションキー」24個の計46個。登録した機器は「Remote Station」を接続したPCの画面上で操作することができる。最大で20ステップの操作を1ボタンで操作できる「ワンタッチ機能」、指定した時間に動作させることができる「タイマー機能」も備えた。

 さらに、同社のTV視聴・録画ソフト「PCastTV2」との連動機能を装備。キャプチャーユニットの録画に合わせてCSチューナーやCATVチューナーなどの外部チューナーを起動させたり、連動式の予約録画ができる。PCがなくてもテレビ録画ができる同社のネットワークレコーダシステム「Link de 録!!」にも対応する。