ジャパンマテリアルは、米ContourDesign 社が開発した多機能マウス「RollerMouse Pro」を9月8日に発売する。価格はオープンで、実勢価格は2万7300円前後の見込み。

 腱鞘炎や肩こりなどの防止と軽減を目的に開発した丸棒状のローラー型マウスと、クリックボタン、スクロールキー、アームレストを一体化したユニークな形状が特徴。通常のマウスとは違い、キーボードの下に敷いて使用する。

 手前の左右にアームレスト、その間にローラー型マウスとクリックボタン、スクロールキーを配置。丸棒状のローラー型マウスは、左右のどの指でも操作でき、キーボードとマウスを交互に操作する場合に、腕を左右に移動させる必要が生じないため、肩やひじ・手首への負担を軽減できる。カーソルの左右上下の移動も、底面の摩擦がないため、スムーズに行える。さらに、右クリック、左クリック、ダブルクリックボタン、スクロールキーを使用することで、作業効率のアップやマウス操作時のストレス軽減が図れるという。

 接続インターフェイスはUSBまたはPS/2。対応OSはWindows XP、2000。