ディーオン(石原光晴社長)は8月22日、PC用ディスプレイとしても使えるワイド液晶テレビの32型「CLV32WA1」と27型「CLV27WA1」の2機種を8月25日に発売すると発表した。直販価格は、「CLV32WA1」が8万9800円、「CLV27WA1」が7万9800円。同社のWebサイトで受注する。

 ディーオン(石原光晴社長)は8月22日、PC用ディスプレイとしても使えるワイド液晶テレビの32型「CLV32WA1」と27型「CLV27WA1」の2機種を8月25日に発売すると発表した。直販価格は、「CLV32WA1」が8万9800円、「CLV27WA1」が7万9800円。同社のWebサイトで受注する。

 1677万色が再現できるテレビ用24bitフルカラーパネルを採用すると同時に、1ドット縦横比をリアルに表示する「1:1縦横比」(リアルドット)モードを搭載。PC用ディスプレイとして精細な解像度を実現したのが特徴。液晶パネルの最大解像度はWXGA(1366×768ピクセル)、応答速度は8m秒、輝度は550cd/m2、コントラスト比は1000:1、視野角は水平・垂直176度。

 サウンド機能は、大型の液晶パネルに合わせて、7W×2のステレオスピーカーを搭載。また、2chのステレオスピーカーで5.1chの臨場感を再現する技術「SRS TruSurround XT」を装備している。

 アナログテレビチューナーとテレビの映像を、より高画質に録画するため3DYC分離回路を内蔵。D4映像入力端子を搭載し、市販のデジタルチューナーを接続することでハイビジョン映像を楽しむことができる。PC用入力端子はアナログD-Sub15ピン、デジタルDVI-D24ピンを装備。

 本体サイズは、「CLV32WA1」が幅810×高さ606×奥行き237mm、重さ約15.5kg、「CLV27WA1」が幅692.84×高さ537.95×奥行き237mm、重さ約13.5kg。本体色はシルバーとブラックのツートーンカラーを採用。国内環境規格「J-Moss」と欧州環境規格「RoHS指令」に対応している。