アイ・オー・データ機器(I・Oデータ、細野昭雄社長)は8月23日、RAID5に対応したLAN接続型テラバイトハードディスク「LANDISK Tera(ランディスク テラ)HDL-GTシリーズ」を開発、9月下旬に発売すると発表した。1テラバイトのHDL-GT1.0が10万6300円、2テラバイトの同GT2.0が21万900円。月販で3000台、2-3億円の販売を目指す。

 アイ・オー・データ機器(I・Oデータ、細野昭雄社長)は8月23日、RAID5に対応したLAN接続型テラバイトハードディスク「LANDISK Tera(ランディスク テラ)HDL-GTシリーズ」を開発、9月下旬に発売すると発表した。1テラバイトのHDL-GT1.0が10万6300円、2テラバイトの同GT2.0が21万900円。月販で3000台、2-3億円の販売を目指す。

 LANDISK Teraは、4台の脱着可能な3.5インチハードディスクを備えた大容量LAN接続型ハードディスク。複数台のハードディスクを1台のハードディスクに見立てて運用するRAID技術に本格対応している。RAIDモードは4つで、4台全てのディスクをリニアに結合するストライピングモードの「RAID0」、2台ずつに分割、ミラーリングとストライピングを融合させたミラーストライピングの「RAID1+0」、4台のドライブによる「RAID5」、3台によるRAID5に加え1台はリムーバブルメディアとして使える「RAID5+FAT/NTFS」を選択できる。同社では、「LAN上でのデータ運用時に想定されるあらゆる運用に応えられる」としている。また、電源を投入したままカートリッジの交換ができる「ホットスワップ」にも対応した。

 「当面は企業マーケットが大半だが、いずれは家庭への普及も見込める。そのためにDLNA1.0に準拠したメディアサーバ機能を搭載した。デジタルハイビジョンの録画には最適との評価を確立していきたい」(細野昭雄社長)と意気込みを語った。また、3.5インチカートリッジタイプについて独自の形状規格「Relational HD」を決め、LANDISK Teraを手始めに同社製品に幅広く採用していく方針を明らかにした。