日本サムスンは、トリプルヒンジ機構を採用し、画面を90度回転できる19型液晶ディスプレイ「SyncMaster 971P-R」を8月25日に発売する。価格はオープンで、実勢価格は6万9800円前後の見込み。

 日本サムスンは、トリプルヒンジ機構を採用し、画面を90度回転できる19型液晶ディスプレイ「SyncMaster 971P-R」を8月25日に発売する。価格はオープンで、実勢価格は6万9800円前後の見込み。

 人間工学に基づいたトリプルヒンジ機構と、柔軟な動きに対応するヒンジスタンドを採用し、ユーザーの環境に合わせて傾きなどを自在に調整できるのが特徴。アシンメトリー(非対称)デザインのスタンドや高級感あるグロッシーホワイトのきょう体カラーなど、デザイン性も追求した。製品のデザインは、米国の総合デザインコンサルタント「IDEO」が手がけている。

 画面は90度回転させることができ、添付ソフトの「MagicRotation」をインストールすると縦横の表示を切り替えられるほか、内蔵センサーによって自動的に表示内容を調整するオートピボット機能も搭載する。

 解像度1280×1024ドットの独自の液晶パネルを搭載。輝度は250cd/m2、視野角度は上下左右178度、応答速度は8ms。コントラスト比は1500:1で、黒が引き締まったメリハリのある表示ができる。また、台座部分には、キーボードやマウスなどを接続できるUSBハブを装備した。入力端子はDVI-Iで、アナログ接続用とデジタル接続用のケーブルを同梱する。