KDDIと沖縄セルラー電話は8月22日、現在「CDMA 1X WIN」サービスとして提供しているau携帯電話のデータ通信インフラ「CDMA2000 1xEV-DO方式(EV-DO Rev.0)」の機能拡張版「EV-DO Rev.A」を06年12月に、コンテンツを一斉同時配信する(マルチキャスト)機能「BCMCS」を06年9月に導入すると発表した。「EV-DO Rev.A」と「BCMCS」を導入するのは世界で初めて。

 同社はデータと音声をすべてIP上で伝送するオールIP化を目指す「ウルトラ3G」構想を推進している。移動体網の次の基盤インフラとして「EV-DO Rev.A」を導入することで、「EV-DO Rev.0」に比べピーク時の上り速度を144kbpsから1.8Mbpsに向上させることができる。

 06年度末までに全国主要都市をカバーし、その後も順次拡大していく。同技術を利用したサービスとしてVoIPを利用したテレビ電話をはじめ、VoIP音声通話、ブログ、メールなどのコミュニケーションサービスを拡充する予定。

 「BCMCS」は、同一チャンネルで多数の利用者にコンテンツを一斉配信する機能。同じコンテンツでも利用者ごとに異なる無線チャンネルで配信していた従来の通信に比べ、周波数利用効率が高く、リアルタイム性の向上と大容量コンテンツの配信が可能となる。同機能は、現在の「EV-DO Rev.0」の既存設備を利用して9月から導入し、ニュースや映像コンテンツサービスの拡充に活用していく。