エプソンダイレクト(山田明社長)は8月22日、Core 2 Duo/Core 2 Extremeを搭載可能なハイエンドタワーPC「Endeavor Pro4000」を8月末に発売すると発表した。BTOに対応しており、8月22日から受注を開始した。

 「Endeavor Pro4000」は「Endeavor Pro3500」の上位モデルで、975X Express+ICH7Rチップセットを搭載し、CPUはCore 2 Duo E6300(1.86GHz)‐E6700(2.66GHz)、Core 2 Extreme X6800(2.93GHz)を搭載することが可能。ビデオボードも、GeForce 7300GS/7600GT、ATI Radeon X1900XTX、ATI Radeon CrossFire キットなど6種類から選択できる。

 きょう体は、アクセス性、メンテナンス性、操作性に優れる新設計のPCケースを採用。本体フロント下部から開閉可能なHDD専用ドライブベイを採用し、サイドカバーを開けずにHDDの増設と交換が行える。メモリは最大3GBまで、HDDは最大4基、500GBまで搭載可能。本体サイズは幅217×奥行き501×高さ472mm。

 価格はCore 2 Duo E6300(1.86GHz)、GeForce 7300GS、Windows XP Home Edition SP2、メモリ512MB、HDD80GB、CD-ROMドライブを搭載した最小構成で、13万9860円。また同社は、「Endeavor Pro4000」を対象にしたキャンペーン「オンライン限定Endeavor Proでハイスペックがお得!」キャンペーンなどを9月26日17時まで実施する。