米SIRENの日本法人、SIREN(サイレン、矢野間也寸志社長)は8月21日、メモリカード内の写真を液晶ディスプレイに表示するデジタルフォトフレーム「DF100」を8月25日に発売すると発表した。価格はオープンで、実勢価格は1万7800円前後の見込み。

 メモリカードや32MBの内蔵メモリに保存したJPEG形式のデジタル写真を、5インチ、320×240ドット(QVGA)のTFTカラー液晶ディスプレイに表示。アルバムをめくるように次々と画像が切り替わるスライドショーや回転・拡大などデジタルならではの機能で楽しめる。

 スライド表示の切り替え時間は4段階で設定でき、表示したくない写真をスキップすることもできる。写真の好みの部分だけ2-4倍に拡大表示するトリミング機能も備えた。扱えるファイルは1つあたり最大100MBで、個数は1500個まで。

 フレームの素材にマホガニーを採用し、バリエーションは温かみのある木目の「チェリーブラウン」と美しい光沢を持つ「ピアノブラック」の2タイプ。本体サイズは、幅190×高さ160×奥行き28.3mm(スタンド使用時は奥行き92mm)、重量は約367g。ACアダプタ経由で電源をとる。

 メモリカードは、SDメモリカード、マルチメディアカード(MMC)、メモリースティック(MS)、コンパクトフラッシュ(CF)に対応しており、それぞれ本体側面のスロットに挿し込んで使用する。さらに、付属のUSBケーブルでパソコンと接続すれば、これらの4つのメディアに対応したカードリーダーとしても利用できる。