オンキヨーは8月21日、2.5インチのHDDを組み込むとポータブルタイプのマルチメディアプレーヤーになる「MP-1000J」を9月1日に発売すると発表した。価格はオープンで、実勢価格は1万4800円前後の見込み。

 別売りの2.5インチHDDを組み込むことで、PCに保存している映像、音声、画像などのマルチメディアコンテンツを持ち出し、AV機器などで視聴できる。マルチメディアプレーヤーとして使うには、まずパソコンとUSB1.1または2.0で接続し、パソコン内にあるビデオなどのマルチメディアコンテンツファイルを同機に転送。次に付属のオーディオ・ビデオケーブルを使って家庭用や車載用のテレビと接続すると、コンテンツが楽しめる。

 リモコンが付属し、GUI画面を確認しながら操作することができる。そのほか外付けHDDとして利用することも可能。幅80×奥行き148×厚さ24mmのコンパクトサイズで、きょう体には放熱効果に優れたアルミ素材を採用した。対応フォーマットは映像ファイルがMPEG-1/2/4、DivX/XviD、音声ファイルがMP3、OGG Vorbis、WAV、WMA、画像ファイルがJPEG。リモコンのほかACアダプタ、USBケーブル、キャリングバックも同梱する。