NEC(矢野薫社長)は8月17日、サーバー・システム管理者向けサイト「ExpressStation」上で、ポッドキャスト番組「ちょいモテ システム管理者への道」の配信を開始した。

ちょいモテ システム管理者への道 NEC(矢野薫社長)は8月17日、サーバー・システム管理者向けサイト「ExpressStation」上で、ポッドキャスト番組「ちょいモテ システム管理者への道」の配信を開始した。

 「ExpressStation」は、同社のExpressサーバー部門が今年1月から展開しているサーバー製品のプロモーションサイト。「ちょいモテ システム管理者への道」は、DJ赤坂泰彦氏によるポッドキャスト番組「5800 RADIO SHOW」に続く第2弾番組で、架空のスナック「スナック58(ごっパチ)」を舞台に、若手システム管理者「テッシー」が店に訪れる常連客やスナックのママと話しながら「ちょいモテ システム管理者」へ成長していく様子をドラマ仕立てで追う。

 番組では、常連客役として、ITポータルサイト「@IT」の発行人、新野淳一氏を迎え、最新の専門用語などIT業界のトピックスをわかりやすく紹介。また、ママからは、毎週1つずつ、大人としての常識や振る舞いが紹介され、ITの知識とモテるテクニックが同時に学べる。

 更新は週1回、毎週木曜日。時間は一話あたり約10分で、全11回の予定。第1回の8月17日配信分では、「日本版SOX法」と「ワイン」をテーマに展開。番組のサイトには、番組中で取り上げたIT専門用語やモテるテクニックの詳細を掲載。さらにサイトのみの独自コンテンツとして、ダウンロードしてすぐ使えるPDF形式のレポート「必見!ちょいモテIT虎の巻」を掲載する。