相栄電器は、米Diskeeper Corporation製のWindows用ディスク最適化ツール「Diskeeper 10 日本語版」を9月15日に発売する。パッケージ販売に先立ち、ダウンロード販売を先行して開始する予定。試用版のダウンロード提供も行っている。

 「Diskeeper」は、HDD上で断片化したファイルをまとめる「デフラグ」と呼ばれる処理を行い、PCやサーバーの処理速度の高速化、システムの安定化を図るソフト。デフラグ処理はバックグラウンドで実行し、ファイルの断片化を自動的に解消、パフォーマンスを改善する。

 「Diskeeper 10」では、製品ラインアップに、新たに論理ドライブ2テラバイト、同時実行ドライブ数8の「Professional Premier Edition」を追加。「Home」「Professional」「Professional Premier」「Server Standard」「Server Enterprise」「Administrator」の計6つのエディションを販売する。

 このうち、上位エディションの「Professional Premier」「Server Standard」「Server Enterprise」には、新しい独自のファイル配置技術により、高速でデフラグ処理を行う新機能「I-FAAST(アイファスト)」を搭載。また「Administrator」を除くすべてのエディションで64ビットOSに対応した。

 ユーザーインターフェイスも一新し、より簡単に構成とスケジュール設定が行えるようになった。デフラグ処理の記録とその効果を確認できる「履歴レポート」、速度低下の主な原因になっているファイルの断片化を解消する「大容量ファイルのデフラグモード」なども新たに搭載している。

 価格は、「Professional Edition」が9345円、「Professional Premier Edition」が1万7850円、「Server Standard Edition」が5万3550円、「Server Enterprise Edition」が18万6900円、「Administrator Edition」が3万8850円。「Home Edition」はダウンロード販売のみで、価格は3570円。