アッカ・ネットワークス(坂田良男社長)が8月10日に発表した06年度(06年12月期)中間期の連結業績は、売上高198億1300万円(前年同期比2.8%減)、営業利益 10億5700万円(同18.6%減)、経常利益10億5400万円(同9.3%減)、最終利益2億2700万円(同85.3%減)と大幅な減収減益となった。

 業績不振は、個人向け市場でADSLサービスの加入者減や光サービスの提供が遅れたこと、法人向け市場でコンピュータ制御が可能なマシン同士をつなぐ「M2Mソリューション」事業の立ち上がり遅延などが大きな原因。坂田社長は、「各事業ともマイナスになった原因が把握している。下期の取り組みで今年度の業績悪化を最小限に留めたい」と述べた。しかし、中間期が計画値と比べ大幅に未達だったことから、通期連結業績は、売上高420 億円、経常利益32億円、最終利益35億円の見通しを、売上高390億円、経常利益16億円、最終利益7億円と下方修正している。

 なお、イー・アクセスがアッカ・ネットワークスの発行済株式10%超を取得したことについては、「(イー・アクセスは)あくまで当社の事業価値に着目した“純投資”と説明している」(坂田社長)と買収論を否定したものの、「総合的に見て、当社の株価が上がるといった効果が出るのであれば、(買収に乗ることも)検討しなければならない」と、買収に切り替わる可能性も示唆した。新株予約権を発行する見方も出てくるが、「当面は考えていない」という。加えて、「イー・アクセスとのアライアンスなどを当社から話を持ちかけることは行わない」としている。