日立製作所は8月10日、地上・BS・110度CSデジタルチューナー内蔵の薄型テレビ「Wooo(ウー!)」で、IPS(横電界)パネル採用の液晶テレビ4機種と世界最高解像度を持つ37V型プラズマテレビ1機種を9月1日から順次発売すると発表した。価格はすべてオープン。

 日立製作所は8月10日、地上・BS・110度CSデジタルチューナー内蔵の薄型テレビ「Wooo(ウー!)」で、IPS(横電界)パネル採用の液晶テレビ4機種と世界最高解像度を持つ37V型プラズマテレビ1機種を9月1日から順次発売すると発表した。価格はすべてオープン。

 液晶テレビは、37V型の「W37L-H9000」、37V型で250GBのHDDを内蔵した「W37L-HR9000」、32V型「W32L-H90」、26V型「W26L-H90」、プラズマテレビは37型の「W37P-H90」をラインアップした。37V型の「H9000」シリーズ2機種はフラグシップ、「H90」シリーズは廉価モデルの位置づけ。共通の特徴として、全機種ともハイビジョン放送を高画質で表示する画像処理回路「Picture Master HD」とHDMI端子2系統を搭載する。

 37V型の液晶テレビ「W37L-H9000」「W37L-HR9000」は、IPSアルファテクノロジ製のIPS液晶パネル「IPSαパネル」を採用。IPSは広視野角が特徴の液晶の表示方式で、視野角は上下左右178度、コントラスト比は画面の全域で100:1。今回、初めて37V型の「IPSαパネル」搭載モデルを投入した。同パネルは、32V型「W32L-H90」、26V型「W26L-H90」にも使われている。このほか液晶テレビでは、全機種に動画ボヤケを抑える「倍速スーパーインパルス表示技術」を搭載。1秒間60コマのテレビ映像を120コマに増やし、映像と映像の間に黒画像を挿入することで、残像感を抑えた。


 一方、37V型プラズマテレビ「W37P-H90」は、ハイビジョンと同じ垂直方向で1080画素の解像度を持つプラズマパネル「1080ALISパネル」を採用。赤色の発色特性を大幅に改善し、色の再現性も向上させた。オーディオ機能では、左右のスピーカー部に独立したバスレス方式の低音用ウーハー1個と中高音用のミッドレンジスピーカーと高音用ツイータで構成するスピーカーシステムを装備し、総合36Wの迫力ある音声が再生できるようにした。


 チューナーは、37V型液晶テレビ2機種は、デジタルチューナー2系統と地上アナログチューナー、その他の3機種はデジタルチューナーと地上アナログチューナー各1系統を装備する。デジタルチューナー2基の「W37L-H9000」「W37L-HR9000」では、デジタル放送の2番組同時録画や視聴が可能で、HDDレコーダー内蔵の「W37L-HR9000」は、TSEモードのデジタルハイビジョン画質で約50時間の録画が行える。

 実勢価格は、液晶テレビの37V型「W37L-H9000」が30万円前後、37V型「W37L-HR9000」が35万円前後、32V型「W32L-H90」が23万円前後、26V型「W26L-H90」が20万円前後、37V型プラズマテレビの「W37P-H90」が30万円前後の見込み。