EMC社傘下のヴイエムウェアは、Mac OS Xと同時に、仮想マシン内でWindows、Linux、NetWare、Solarisなどのx86オペレーティングシステム(OS)を稼動させることができるMac OS X向けソフトの新製品を発表した。米国サンフランシスコで開催されているアップルコンピュータのデベロッパーズカンファレンス2006(WWDC 2006)上で、この製品のデモも行った。

 EMC社傘下のヴイエムウェアは、Mac OS Xと同時に、仮想マシン内でWindows、Linux、NetWare、Solarisなどのx86オペレーティングシステム(OS)を稼動させることができるMac OS X向けソフトの新製品を発表した。米国サンフランシスコで開催されているアップルコンピュータのデベロッパーズカンファレンス2006(WWDC 2006)上で、この製品のデモも行った。

 新製品は、インテル製CPUを搭載した新しいMacintosh上で動作する仮想化ソフトで、同社の堅牢で高度な仮想化技術をベースに開発した。06年後半にベータ版をリリースする予定。

 アップルコンピュータは現在、1台のコンピュータ上でMac OS XとWindows XPを切り替えられる「Boot Camp(ブートキャンプ)」のベータ版を公開。次期OSには標準で組み込む予定だが、ヴイエムウェアの新製品を利用すると、再起動することなくさまざまなOSを実行できるようになる。

 今後は、すべてのヴイエムウェア製品で作成した仮想マシンがインテル製CPU搭載のMac上で実行可能になる。また、Mac OS X以外の仮想マシンについても、新製品で作成したものならば、ヴイエムウェアが提供する他のプラットフォーム製品の最新版で実行できる。

 さらに、「VMware Technology Network」からダウンロードできる250種類以上の仮想アプライアンス向けソリューションについても、Macユーザーが利用できるようにした。「仮想アプライアンス」とは、事前に構築と構成が行われた、すぐに利用可能なソフトウェアアプリケーションで、ヴイエムウェアの仮想製品で実行可能な仮想マシン内にすべてパッケージされている。

 ヴイエムウェアのダイアングリーン社長は、「弊社のデスクトッププラットフォーム製品を、アップルのMacにも提供できることを嬉しく思う。今回発表した製品に対する需要と注目度は高く、MacとWindows PCの両方を使用しているユーザーは、この製品を通じてMac上に両方の環境を統合することができる」とコメントしている。