ニコンは8月9日、カメラ中級者をターゲットにしたデジタル一眼レフカメラ「ニコンD80」を9月1日に発売すると発表した。価格はオープンで、実勢価格は12万円前後の見込み。


 CCDは有効1020万画素で、総画素数1075万画素の「ニコンDXフォーマットCCDセンサー」を新開発して搭載した。画像処理回路も新たに開発し、なめらかな階調の画像を撮影できるようにした。処理速度の高速化、省電力化も図っている。

 オートフォーカス機能は、11点のフォーカスエリアの測距AFシステムを採用。ピント精度と被写体の捕捉、追尾能力を向上させた。「シングルエリアAFモード」「ダイナミックAFモード」に加え、新たに「オートエリアAFモード」も装備。「オートエリアAFモード」は、画面内の主要な被写体を認識してピントを合わせる方式で、合焦時に合焦範囲内のフォーカスエリアが複数点灯、ピントを確認して撮影できる。また測光機能では、被写体の色調も考慮して露出を計算する「420分割RGBセンサー」を搭載した。起動時間は0.18秒で、秒間3コマで最大100コマ、RAW形式でも最大6コマの高速連写が可能。

 記録媒体はSDメモリーカードで、上位規格の「SDHC」にも対応する。モニターには視野角が上下左右170度、約23万画素の2.5型低温ポリシリコンTFT液晶を装備。あらかじめ登録した項目だけを表示できる「マイメニュー設定」ができるようになった。本体サイズは幅132×103×77mm、重さは585g。新しいグリップ形状と直感的に操作できるボタン配列のデザインを採用した。

 ズームレンズと組み合わせたパッケージも販売する。焦点距離が18-135mmのズームレンズとセットの「D80 AF-S DX18-135G レンズキット」、18-70mmズームレンズとのセット「D80 AF-S DX18-70G レンズキット」の2種類で、価格はともにオープン。実勢価格は「D80 AF-S DX18-135G レンズキット」が16万円前後、「D80 AF-S DX18-70G レンズキット」は15万円前後の見込み。

 同時に、デジタル一眼レフカメラ専用で焦点距離が70-300mmのズームレンズ「AF-S VR ズームニッコール ED 70-300mm F4.5-5.6G(IF)」と、18-135mmのズームレンズ「AF-S DX ズームニッコール ED 18-135mm F3.5-5.6G(IF)」も発表した。


 70-300mmの望遠ズームレンズは、ED(特殊低分散)レンズを使い、高速でピント合わせができる超音波モーターを搭載した。また、高性能ジャイロセンサーの採用により、システム全体の精度を向上させた「次世代手ブレ補正(VRII)」を搭載し、これまでより1段分補正効果の高い、約4段分の手ブレ軽減効果を得られる。手ブレは、「ノーマル」と「アクティブ」の2モードを装備しており、通常の撮影では「ノーマル」、走行中の車上など、揺れの激しい状況下では「アクティブ」といった使い分けができる。価格は8万1900円。

 18-135mmの高倍率(7.5倍)ズームレンズも超音波モーターを採用。1枚のED(特殊低分散)レンズと2枚の非球面レンズを搭載しており、色収差や非点収差、ディストーションなどを補正し、解像度とコントラストの高い写真が撮影できる。価格は6万1950円で、単体での発売は12月。