日本ビクターは8月9日、携帯オーディオなど外部機器との連携を強化したCD-MDラジカセ「Clavia(クラビア) RC-A1」を9月中旬に発売すると発表した。価格はオープンで、実勢価格は3万5000円前後の見込み。

 本体前面のLINE INの入力端子に携帯オーディオを接続して再生すると、アナログ音声信号を検知して自動的に本体の電源が入り、ソースを切り替えて音楽再生をはじめる「QP(クイック・ポータブル)リンク」を搭載したのが特徴。また、LINE OUTのアナログ出力端子をフロントパネルに装備し、PCを使わなくてもダイレクト録音機能付き携帯オーディオに録音もできる。

 床やローボードなど低い場所に設置しても、音を上方向に広げリスナーの耳の高さまで音を持ち上げる「サウンドリフター」を備え、リスニングポイントに応じて3段階に調節できる。シリーズの特徴で表示部の色が変化する「レインボーディスプレイ」や音で動作を知らせる「お知らせサウンド」に加え、「スヌーズタイマー」も搭載。目覚ましの音楽を止めても再び5分後に再生し、タイマー設定時間内なら何回でも再生する機能も搭載し、使い勝手を向上させた。

 MD、CD、FM/AMラジオ、カセットテープの多彩なソースが楽しめる。スピーカーは8cmフルレンジスピーカー×2、最大出力は4W+4W。本体サイズは幅460×高さ188×奥行き268mm、重さは約5.6kg。本体カラーはホワイトとシルバーの2色。