アップルコンピュータ(アップル)は8月7日、クアッド64ビット Xeonプロセッサ搭載のデスクトップPC「Mac Pro」を8月8日に、64ビットサーバー「Xserve」を10月に発売すると発表した。

 アップルコンピュータ(アップル)は8月7日、クアッド64ビット Xeonプロセッサ搭載のデスクトップPC「Mac Pro」を8月8日に、64ビットサーバー「Xserve」を10月に発売すると発表した。

 「Mac Pro」は、「Intel Coreマイクロアーキテクチャ」をベースとしたインテルの新デュアルコアCPU「Intel Xeon 5100シリーズ」を「2基」搭載したのが特徴。周波数が最大3.0GHzで動作する2基のXeonを搭載することで、従来の「Power Mac G5 Quad」に比べて最大2倍の性能を発揮するという。

 2基の光学式ドライブベイ、3基のフルレングスPCI Express拡張スロットと1基のダブルワイドPCI Expressグラフィックスロットを装備するなど、高い拡張性も持たせた。価格は、2.66GHzのデュアルコアXeon2基、1GBメモリ、250GB HDD、2層記録対応の16倍速SuperDrive(DVD+R DL/DVD±RW/CD-RWドライブ)、グラフィックカード「NVIDIA GeForce 7300 GT」などを搭載した標準構成で31万9800円。OSはMac OS X 10.4.7「Tiger」をプリインストールし、Mighty MouseとApple Keyboardが付属する。

 ラインアップは1モデルのみだが、490万種類以上という豊富なBTOオプションでカスタマイズが可能。CPUは、プラス10万800円で3.0GHz2基に、マイナス3万7800円で2.0GHz2基に変更できる。HDDは最大2TB(テラバイト)、メモリは最大16GBまで増設できる。

 「Xserve」は、1Uサーバーで、「Mac Pro」同様、CPUに2.0、2.66、3.0GHzの周波数で動作するデュアルコアXeon2基を搭載する。価格は、2.0GHzのデュアルコアXeon2基、1GBメモリ、80GB HDDを搭載し、Mac OS X Serverバージョン10.4 Tigerの無制限クライアントライセンス版を含んだ標準構成で37万9800円。BTOで大容量HDDやデュアル電源、グラフィックカードなども搭載でき、アップルでは「これまでで最もカスタマイズ可能なサーバー」としている。

 アップルは今年1月の「MacBook Pro」を手始めに、CPUを従来のPower PCからインテル製CPUに変更したモデルの販売を開始。「Mac Pro」の発表で、Macintoshシリーズすべての機種について、CPUの移行が完了した。

 なお、CPUの移行にともない、「iMac」と「Mac mini」は名称はそのまま、製品名に「Power」が入った「PowerMac」は「Mac Pro」に、「PowerBook」は「MacBook Pro」に、また「iBook」は「MacBook」にそれぞれ変更している。