イー・アクセス(千本倖生代表取締役会長兼CEO)8月8日、アッカ・ネットワークス(坂田好男代表取締役社長)の発行済み株式総数の10.3%にあたる1万2827株を8月4日までに取得、19.7%を保有するNTTコミュニケーションズに次いで第2位の大株主になったと発表した。取得総額は33億円超。大量保有報告書は8月7日に提出した。

 同社は6月30日現在で、アッカ・ネットワークスの発行済み株式総数の4.24%にあたる5000株保有しており第3位の大株主だったが、市場を通して買い増しを行ったもの。イー・アクセスは、買い付けを開始時期については「明らかにできない」としながらも、取得目的について「現段階においては、市場の状況に対応する『純投資』」(広報部)と説明。また今後の買い増しや売却の可能性については「状況に応じて判断する」(同)としている。一方アッカネットワークスでは「現在のところ事態を静観している」として、具体的なコメントを避けた。