シーピーユー(宮川昌江社長)は、PKI(公開鍵基盤)による認証機能を実装した電子認証USBキー「ジョイロック プラス(JoyLock plus)」を9月25日に発売する。価格は1万4700円。

 PCのUSBポートに装着し、ログイン時の個人認証として利用できるUSBキー。装着している間はパソコンを使用でき、USBポートから外すとスクリーンセーバーを表示し、キーボードやマウスの操作を不可能にする。PC内の指定したフォルダやファイルへのアクセス制限を制御することもできる。

 また、公開・暗号鍵方式を応用して、文書の作成者を証明し、指定したファイルやフォルダが改ざんされていないことを保証する「電子署名機能」を搭載。「電子署名機能」では、「ジョイロック プラス」の装着に加え、4桁のパスワードを設定することで二重の個人認証が行える。対応OSはWindows XP。

 同社では、今後3年間で5億円の売り上げを見込む。06年内には、電子メールソフトと連携してデジタル署名を行う機能を搭載した製品も販売する予定。